2009年10月10日

重い腰がやっとこさ上がるの回

AJBOX Vol.84 重い腰がやっとこさ上がるの回

今月末のケアマネ試験へ向けて、先日より本腰を入れて、受験勉強に取り組み始めた。
正直、ケアマネ試験をなめていると言えば、正直、そうである。リハ学生時代より、国家試験勉強以外は、概ね一夜漬けスタイルで、何とか現在の人生の試験という場面を乗り越えてきた。

福祉住環境試験というものがあるが、これも一昨年受けたが一夜漬けで合格した。2級・3級共にである。


2009年版U-CANの福祉住環境コーディネーター2級過去&予想問題集 (ユーキャンの資格試験)

2009年版U-CANの福祉住環境コーディネーター2級過去&予想問題集 (ユーキャンの資格試験)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





福祉住環境コーディネーター検定試験 2級過去5回問題集〈’09年版〉

福祉住環境コーディネーター検定試験 2級過去5回問題集〈’09年版〉

  • 作者: コンデックス情報研究所
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2009/04/04
  • メディア: 単行本





でも、今回のケアマネライセンスは一味違う。っというのも、今回で一発合格したい。誰もがそう思いこれからの、仕事としてケアマネをしていこうとしている方も少なくないと思う。

しかし、現在の介護支援専門員の能力の低さは否めない。最近まで、介護保険下の施設で働く機会があった。その中で、ケアマネの資料や発言をきく機会をえてきたが、正直、自立支援へ向かって目標立てているのか?と疑問になる事が多くあった。

素人、のような目標設定、課題提示、問題提議であったのである。

俺が、この仕事をする機会があれば、あれ以上のプランニングができると思っている。試験に合格はもちろんしたい。しかし、通らなくても、絶対、ライセンスをもっている人よりもベターなプランニングができる自信がある。www

まぁ、自慢はいいや。試験にむかって頑張ろう。


ケアマネ受験一発合格!

ケアマネ受験一発合格!

  • 作者: 西原 修造
  • 出版社/メーカー: 保育社
  • 発売日: 2008/04/28
  • メディア: 大型本






2009年版 らくらく突破 ケアマネジャー 試験によくでる問題集

2009年版 らくらく突破 ケアマネジャー 試験によくでる問題集

  • 作者: ケアマネ取得支援研究会
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2009/01/23
  • メディア: 大型本



posted by AJ at 02:53| Comment(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

勉強にハマる脳の作り方

AJBOX Vol.29 勉強にハマる脳の作り方
先日、スロットで勝った浮いたお金で、本屋に行って来ました。そこの本屋の店頭にて、勉強にハマる脳の作り方というタイトルで本が置いてあり、瞬間的にその本をとり、パラパラと中身にチェックを行いました。
200907262123000.jpg

10月にケアマネ(介護支援専門員)の試験が控えているので、その試験に向け、勉強をしなければならないのに、実質思うように進んでいないのが現実であるという背景があるからです。

その中身をちょっと読みましたが、一般向けにも関わらず、専門用語もみられ、内容的にもおもしろそうで、買うことにしました。(子供の本と一緒に)

まだ、第2章までしか呼んでいませんが、大脳基底核内にある線条体(側座核の役割)やドーパミン伝達物質との関係、依存やハマりについてを知る事ができました。1400円と分かりやすく、読みやすい本だと思います。興味のある方は是非、店頭もしくはネット上で手に取ってみて下さい。


勉強にハマる脳の作り方

勉強にハマる脳の作り方

  • 作者: 篠原菊紀
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2009/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




この本を読み終わる頃には、勉強嫌いな私が、勉強への依存とハマりが起こり、東大やハーバード受験を考えるようになったらどうしましょう。
まずは、ケアマネ試験へ向け、頑張ります。


posted by AJ at 12:28| Comment(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

非対称(アシンメトリー)は駄目ですか?

AJBOX Vol.11 非対称(アシンメトリー)は駄目ですか?

 一昔前までは、対照的(シンメトリー)な構造物や対称的な図形、対照的な髪型、対照的な形(人間の身体等)が好ましく、見たときに落ち着く要素を多く持っていました。しかし昨今、非対照性(アシンメトリー)をおびた構造物(ビルや家)、左右の異なるベンチやアシンメトリーヘアーと言われる物にも異物感があるものの、生活の中に取り込まれてきたと言えると思います。
 。




 人間にとって、対照性をもつ事(左右や手足・目・耳・鼻の穴・肺)は一見理想とされる形なのかもしれません。片側が無ければ、生活に障害を来すし、片方が見えにくい、聞きにくい等色々考えられます。
 左右があるから、中央軸がある。中央軸があるから左右があるとするならば、左右の軸は中央を知る大事な基点になるでしょう。
 だけど、本当に人間は、対照性をもつ事が身体のメリットなのでしょうか。
 
左対右きき手大研究 (DOJIN選書 18)

左対右きき手大研究 (DOJIN選書 18)

  • 作者: 八田 武志
  • 出版社/メーカー: 化学同人
  • 発売日: 2008/07/20
  • メディア: 単行本



 上記に記載した本の様に、人間には利き手が存在し、多くの場合、細かい事や力を要する事は、利き手で実行されます。もちろん日本文化という背景がありますので、幼少の頃に強制されたり、左利きである事をデメリットとしてきた文化背景があります。そして本の中では、利き手が決定付けられる理由は、遺伝、環境等色々上げられています。
 そう、人間には、もともとアシンメトリーが存在するのです。人間の人体構造を考えてみましょう。肺は、左3葉、右2葉ですよね。肝臓・心臓もどうでしょうか。片側によっていませんか。男性の性器だってそうです。片側によってますよね。
 脳はどうでしょう。左右で大きく役割が異なります。右脳は芸術脳、左脳は言語脳、他にも右は、空間や対象物、人の顔をとらえたりすると言われています。左右で役割が違うのです。もちろん左右の協調した働きがあるから、ノーマルとされるのです。
 解剖学的にはどうでしょうか。左と右の脳の溝(俗に言うしわです。)に対照的ではなかったり、左脳の前頭葉は大きかったり、右脳の後頭葉が大きかったりと脳内でも違いがあります。
 そう、一見対照的(シンメトリー)の中に、非対照的(アシンメトリー)さが入り込んでいるのです。
 

 身体を対照的に使っている?決して、使っているとは思いません。片側へ寄っていたり、もたれかかっている事がもしかしたら、理想なのかもしれません。だとすると、片側を生かす為に、片側が支えている。
脳もそうです。前述したように、左右の協調関係は大事でしょう。だけども、片側を片側の脳が制御かけている背景もあると言う事も言えるのです。
 
 脳の制御が外れた時、ノーマル?からアブノーマルとされる個々の脳がもっている最大の脳機能が発揮されるという事が多いにあると考えるのです。
新・脳の探検(上) (ブルーバックス)

新・脳の探検(上) (ブルーバックス)

  • 作者: フロイド・E・ブルーム
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: 新書




新・脳の探検(下) (ブルーバックス)

新・脳の探検(下) (ブルーバックス)

  • 作者: フロイド・E・ブルーム
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: 新書




posted by AJ at 00:01| Comment(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。